設計を行ってもらう

家の事なら設計事務所

近年の低金利や住宅ローン減税など政府の施策により、多くの方が新築住宅やリフォームやリノベーションなどを予定されているものと思われます。まず相談する相手が分からず悩んでしまうものですが、大工であったり、設計士であったり、建築士であったり、意外に相談する場所はたくさんあるものです。このうち家の強度や構造などを「数値」などのデーターに基づく的確な説明ができるのは「設計士」です。この建築やリフォームブームに乗って多くのハウスメーカーや工務店、設計事務所などが宣伝広告などで世に知られていますが、信頼のおける仕事、納得のいく仕事をするのは「設計士」のいる設計事務所となります。高額な資金やローンによって作り上げられるあなたの宝物を、最高の形にしてもらいましょう。

建築に関してのマメ知識

私たち人間はこれまで経験したこともなかった未曾有の大災害によって、多くの経験を経てきました。現在では特に「耐震」意識は非常に高く、多くの方々が建築されている長期優良住宅などもその一つと言えます。設計事務所によって構造計算され、耐震強度など基準に満たすかどうかを確認し、採光面積などを計算し、建物に入る明りを算出します。家のプロであるからこそできる業務です。一度終了していた「住宅エコポイント」が再び復活していますので、駆け込み的な依頼も多いと言いますが、新聞広告や値段のみで安易に購入を決定することないように重々心掛け、家というものはとても高価な買い物ですが、建築を依頼する場所への「安心」を買う事でもあります。安心納得できる設計事務所へご相談されることが肝要です。

ページのトップへ戻る