周辺環境を確認する

不動産は道路付けが重要です

不動産投資をするにも住居として購入するにもいずれ売却を予定するなら環境が良く静かな道路つけの良好な場所を選ぶことです。 道路が広く便利と思っていても目の前の道路の交通量が多いと騒音に悩まされます。その上大型トラックが行きかう道路は振動にも悩まされるものです。これては堪ったものでは有りません。 そこで経験上推奨できる住居地があります。袋小路状態の前の道路が普通車が二台すれ違う事の出来る4メートル以上の土地を見つけたら是非購入検討して下さい。出来ればそこ一軒の土地の大きさが40坪以上が理想的です。そのような町は子供もそんなに小さい子は居ませんので静かに生活出来ます。 袋小路でも2項道路ではなく公道がより望ましいのは言うまでもありません。

現場百回を心がけましょう

不動産購入は慎重にしないと思わぬリスクを背負う事にもなります。土地の高低にも十分気を配って下さい。近くに川があるのも要注意です。 最近爆弾低気圧の発生が各地で大きな被害を与えています。土地が低いと自宅が水没しないとも限りません。車がぷかぷか流れる様をみて唖然とされた方も多いでしょう。 不動産を購入する際には不動産業者の案内だけで安心してはいけません。必ず現場百回を心がけて下さい。一日を真夜中、午前中、午後、近所の家庭の様子が良くわかる9時前後に現場確認をする事です。 購入時期を本来的には暑い季節を選ぶといいでしょう。夏には虫類の活動も活発になります。蝿が多いようなら近所に蝿の発生しやすい養豚場や養鶏場がある可能性があり匂いに悩まされます。 近所を散策し、近所の住民の話を聞く事が重要です。

ページのトップへ戻る